紀州田舎の小さな八百屋さん
RSS

 

清見オレンジの主産地の1つ、和歌山県

"和歌山は果樹王国と呼ばれる通り果物の栽培が非常に栄えている県です。そしてその中でも特にみかんが一番であり、日本のみかん生産量は1位となっています。なので出回っているみかんの数割は和歌山産のみかんということになり愛知県と2トップに立っています。

そしてみかんの栽培が盛んなら当然清見オレンジの栽培も栄えており、愛知県と広島県と共に主産地とされています。清見オレンジ自体は主産地でなくとも栽培しているところはありますが、収穫されて出回る清美オレンジのほとんどが和歌山県と愛知県の品種で占められています。なので清見オレンジを購入するとなったらほとんどが愛知県か和歌山県のどちらかのを手に入れることになるでしょう。幸い今の時代は産地直送としてネット通販で簡単に手に入れることができます。

しかし和歌山と一言でいっても果樹王国と呼ばれるだけあって、清見オレンジ自体も多数の生産者のところで栽培されています。そしてその栽培される地域によって品質や出回る時期が変わってきます。品質に関しては生産量トップを誇るだけあって非常に秀でたものになっています、なのでどれを選んでもハズレはないでしょう。ただ出回る時期に関しては把握しておかないと見つけた時には在庫切れで再出荷待ちになっていたということになりかねません。

確かに生産はトップクラスですが清見オレンジ自体が希少で出回る個数が少ない品種なのです、なので流石に全て把握するのは難しいですが、ある程度どこの栽培のがいつ出回るかを把握しておけば購入しやすくなるでしょう。

ご注文はこちら

清見オレンジの旬と美味しく食べる方法

旬とは特定の食べ物が、とても美味しく食べられる時期のことであり、市場に多く出回る時期でもあります。出盛り時期と呼ばれることもあります。

そして清見オレンジはというと2月の終わり辺りから4月となっています。冬季の終わりから春季の真っ只中ということです。一般的な清見オレンジ自体もその頃になると出回り始めます。栽培地域によっては2月より前に出回り始め、5月にも出回り始める時期がありますが、やはり旬を時期を狙うのが一番いいでしょう。

ちなみに一般のみかんの旬は品種によってバラバラですが、基本的に春の終わり頃から夏季の間や年末といったことが多いです。なので2月から4月辺りのみかんの品種で旬なのは清見オレンジぐらいということになっています。よってみかん自体を春季に味わいたいと思った方もこの清見オレンジを選ぶとよいということになります。それは自分が食べるだけでなく誰かにプレゼントとしてあげるのもよいかもしれません。

そしてもちろん旬といっても何もせずに放置していれば劣化してしまいます。保存場所としては冷蔵庫の野菜室にビニール袋に入れて入れるのがよいとされています。果汁がたっぷりの関係上、そのまま冷凍するのは好ましくないので冷凍にするのはやめましょう。ただ果汁だけの場合は冷凍にしてもよいとされています。
後は皮をむいて食べようとすると果汁が出てきてしまうので、輪切りやスイカ切りで食べるとよいとされています。

ご注文はこちら

清見オレンジが出回る時期とは

清見オレンジは希少で高価なみかんの品種です。このことから分かる通り1年中出回っているわけではなく、決まった時期にしか出回りません。
清見オレンジが出回る時期は2月から5月の間となっています。ようするに冬季の終わり辺りから春季の終わりにかけて出回っているということになります。しかしこの清見オレンジが出回る時期は栽培をしている場所によっても変わってきます。

例えば加温の環境で栽培していたものは2月より前の1月ぐらいに出回るということがあります。その後は早いのは2月ぐらいですが、基本的には3月から4月の始め辺りで出回ることが多くなっています。というのも清見オレンジの成熟期は3月であり、それで完全に熟させて甘く美味しくしてから採取して出荷するのです。5月の出回るものは低温で貯蔵されていたものです。

もちろんこれは一例であり、栽培する地域によって幾らでも変わってきます。なのでそれを知らずに購入しようと思っても既に出回りが終わって在庫切れになっていた、という事態に出くわすことがあると思われます。

もし清見オレンジを購入すると考えるのでしたら、どこの産地がいつの時期に出回るかを調べておきましょう。ただ、それでも競争率が激しい故に、少し時間が経ったら在庫切れで売り切れていたということにもなりかねない品種なので、こまめにチェックしておくのがよいかもしれません。場合によっては清見が元となった品種の子供達の出回る時期も調べてみてもいいでしょう。

ご注文はこちら

清見オレンジの産地とその理由

清見オレンジは静岡県の静岡市で研究されて誕生しました。そしてその育成地清水区の近くに清見寺と清見潟があったのが理由で、清見オレンジという名称になったのです。清見オレンジの誕生こそは静岡ですが、現在の主に生産されている地域としては愛知県、和歌山県、佐賀県、広島県となっていますが、あくまで主産地であり、他のみかんを生産しているところでも栽培はされています。

主産地がこの4県な理由は清見オレンジは成熟期が遅い品種です。なので寒さによる寒害に遭う可能性が高い品種でもあるのです。なので冬でも気候が温暖な地域が最適な栽培地とされているのです。最もその欠点もあって、今でも清美オレンジを元とした改良品種の誕生に生産者達は奮起しています。

ちなみに収穫量としては愛知県と和歌山県が大部分を占めており、どちらもみかんの生産地としてはトップクラスに入る県です。

しかしそれでも清見オレンジは希少な品種であり、手に入れるのは容易ではありません。現在ではネットの発達により通販でも手に入れることが可能なので、販売がされていない地域でも手に入れることができるようになりましたが、それでも在庫切れを高い頻度でするので、やはり入手が困難なことに変わりありません。

後は基本的に2月から4月辺りが出回る時期ですが、やはり気候の違いの関係上、産地によっても出回る時期が異なります。購入を考えているのでしたら、その産地ごとの出回る時期を調べてみるとよいでしょう。

ご注文はこちら

清見オレンジのカロリーは1個で70kcal

清見オレンジは常温で2週間、冷蔵庫でナイロン袋に入れて保存すると、買ってきた時の鮮度にもよりますが、1〜2か月は持つ扱いやすい果物です。

佐賀県、和歌山県、広島県、愛媛県などが産地の日本で最初のタンゴール(柑橘系の雑種)です。交配させたのは温州ミカンの宮川早生と外国産のトロビタオレンジです。清見(きよみ)という名前は育成地の静岡市の近くの清見寺(せいけんじ)からきているらしいです。糖度は11〜12度で特別甘くはないのですが、成熟期のクエン酸の量が少ないのでとても甘く感じられます。
少な目の糖分でおいしく戴ける、体にやさしい果物ですね。

清見オレンジのカロリーは1個で約70kcalです。切り方や食べ方で、もう少しカロリーは減るかもしれません。

ただ、甘皮などにはビタミンが豊富に含まれているので、できるだけ食べてしまうのが健康にはよいでしょう。他にも清見オレンジには、数多くの種類のミネラルやビタミン、栄養素が含まれています。低いカロリーで脂質のほとんどない清見オレンジは、ダイエット食品としても利用できます。深い味わいの清見オレンジをダイエット食品に加えれば、心に余裕ができ達成確率がアップするかもしれません。リラクゼーション効果のある成分パンテトン酸、ビタミンB11など)も含まれているので、心に余裕ができるというのは科学的裏付けもあることです。β-クリプトキサンチンも多く含まれていて抗酸化作用、発ガン抑制作用があります。

ご注文はこちら

清見オレンジの無農薬栽培事情

無農薬は呼んで字の如く、農薬を使わないで栽培をすることです。しかし農薬は作物を病気や害虫から守ったりするためには最低限必要です。

農薬を使わない分栽培が難しいです、おまけに病気や害虫にやられる頻度も多い為出来るだけ少なく使用されています。

市場への出荷の場合は、収穫前の農薬塗布が禁止されており使用方法などにも厳しい制約があり、ワックスも使用されていない為、現在は安心して皮もお使いいただけます。

マーマレード・オレンジピールなどお菓子作りにもご使用いただけます。

ご注文はこちら

清見オレンジを手に入れるなら訳ありを狙う手もあり

清見オレンジは出荷数が少なく希少価値のあるみかんな上に、店頭で売られない地域もあるので、直接販売されているものを買うのは困難を極めます。なので通販を使うのが一番なのですが、通販でも希少価値のあるというところは変わらず、場所によっては新しく入荷するまで待たされるということもあります。

もし通販で中々手に入らない自体になっているのでしたら、訳ありを買ってみるのもよい方法です。訳ありとは清見オレンジに限らず他の商品にもある概念で、主に商品のどこかに欠陥が出来てしまっていて、通常では売れないものを普通の値段より安くして販売する方法です。清見オレンジの場合は主に皮に傷がついていたりといった部類です。もちろん種類によっては本当に通常販売ができない程酷い有様になっているものもありますが、中身の方には何の支障もなく、通常のものと同じ味を楽しめるということもあります。普通に買うより安い値段で味わえるというのはお得です。

しかし訳ありといっても、栽培がされなければ出来ないということもあり、シーズン外や在庫切れといった理由で購入ができないということもあります。これは通常の通販でもありますが、訳ありでもその概念は存在するということは把握しておきましょう。

そして通常と同じく購入すると思いましたら、問い合わせ等をして販売を再開する時期を確認しておくとよいでしょう。そしてもちろん訳ありでも通常のみかんに比べると値段は張るので、その辺りの費用のことも考えておきましょう。

清見オレンジを手に入れるのには通販利用が一番

清見オレンジは希少価値のあるみかんなので出回る数が少なく、更に場所によっては販売されていないので直接店で手に入れるのは困難を極めるみかんです。

しかし今はネット社会の時代、通販を利用すれば手に入れることが出来ます。通販なら自分の地元で売ってなくても関係なく、自宅で注文して手に入れることができるのです。そして何より他の商品でもあることですが、通販だとその販売にかかるコストが削減されるので、安く手に入ることがあることもメリットです。

実際にネットを見てみると産地直送で届けてくれるところも多数あります。もちろん清見オレンジと一言でいっても、育成している場所によってはその品質が変わってくることもあるので、通販なら現地へ行かずとも、そういう産地の選択が出来るので、そこら辺も考えて選んでみるのもよいでしょう。

ただし通販を利用すれば手に入りますが、「簡単」に手に入るとは限りません。それは在庫が限定されているからです。在庫がなくなれば当然購入することは出来ず、入荷するまで待つことになってしまいます。その人気ゆえにネット上のどこでも在庫がなくなることが多いので、買おうと思った場合には在庫があるところを見つけたらすぐ注文しましょう。もしなかった場合には場所によっては入荷の連絡がもらえることがあるので、それを利用するのも手です。

後はこれは購入に関係はないですが、みかんは生ものなので放置すると痛んでしまいます。なので届いたら痛まないうちに食べたほうがいいでしょう。

ご注文はこちら

清見オレンジで狙う販売場所

清見オレンジとはみかんの一種であり、温州みかんとトロビタオレンジを交配させて誕生した種類です。そう日本産のみかんと外国産のオレンジを交配させて誕生した一番最初の品種となっています。ちなみに名前の由来は育成地でもある静岡県静岡市で育成した場所の近くにの近くに清見潟があったのでこう名づけられました。清見オレンジと呼ばれていますが、ミカンとオレンジを交配させた交雑種でもあるというこど清見タンゴールという別名があります。

見た目はオレンジと変わりませんが、性質としては早い話がミカンとオレンジを混ぜたようなものであり、オレンジの見た目と香り、ミカンの柔らかさと味を兼ね揃えています。果汁もたっぷりなのでジュースにしても最適とされています。誕生したのは静岡県ですが、現在では愛知県や和歌山県、佐賀県、広島県と生産がされています。
そしてこの清見オレンジは親としても優秀であり、この清見オレンジを親として多くのみかんの品種が誕生していっています。

この清見オレンジが店頭で販売されるのは2月から4月辺りなのですが、希少で人気のある品種なために直接店で買うのは難しいことがあり、何より場所によっては販売すらされていないため入手が困難なみかんなのです。

なので入手を考えるのならネットの販売を利用した方が一番でしょう。ただし、そちらでも場合によっては在庫切れをすることもあるので、手に入れたいと思ったら早めに注文するとよいでしょう。

ご注文はこちら

清見オレンジについて、味とともにみてみます。

清見オレンジは、温州ミカンの宮川早生と外国産のトロビタオレンジを交配したオレンジの一つです。

こういったミカンとオレンジの交配種のことをタンゴールといいます。清見オレンジは日本で初めて交配されて成功したタンゴールだそうです。また清見オレンジの「清見」の名前は、交配に成功した静岡県の農業試験場の近くのお寺の名前で「清見寺」(せいけんじ)の名前からとりました。現在清見オレンジの生産地は愛媛県、和歌山県、佐賀県、広島県で主に生産されています。この品種はそのまま食べることのほかにも交配品種の種親として、この後の交配種に広く使われています。

もともとミカンの病気に強いことと育ちやすいこと、温州ミカンの風味のよさとオレンジのもつ香りの強さと果肉の大きさを兼ね備えた交配種を作ることが目的で作られた清見オレンジは、見た目は温州ミカンよりやや大きく、オレンジと変わりません。皮は少しオレンジより厚いですが、手でむくことができます。オレンジの甘さや香りとともに温州ミカンの持つ爽やかな甘酸っぱい酸味のきいた二つの柑橘類のいいところが合わさった風味です。そのままオレンジのようにカットして食べるのもおいしいですが、果汁がとても豊富なので果肉を絞ってジュースにしてもおいしいです。栄養もビタミンCが多く、ビタミンAやビタミンEも含んでいます。
最近注目されているβクリプトキサンチンも含んでおり、がん予防の効果に期待を寄せています。

ご注文はこちら

お支払方法について

代金引換 銀行振込 郵便振替 コンビニ クレジットカード決済を用意してございます。
ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

決済方法

配送について

送料無料の商品がほとんどですが、
一部送料別の商品がございます。

※送料無料でも北海道・沖縄のみ500円追加となります。
クール代便は200円追加となります。
ご利用案内をご確認ください。

※のし・包装も無料にて承ります。
訳あり・ご家庭用はのし対象外です。
宅配便

【業者】ヤマト運輸・ゆうパック

【商品発送のタイミング】
予約注文以外で在庫のある商品の場合は、注文日より3営業日以内に発送いたします。

【配送希望時間帯をご指定出来ます】
配送希望時間

※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

商品代金以外の料金

郵便振替・銀行振込・コンビニ支払いは前払いとなります。振込手数料・代引き手数料(324円)・コンビニ手数料(324円)はお客様負担でお願いします。
返品・交換について

お客様のご都合による交換、返品は 商品の性質上、原則としてお受けいたしかねます。
お届けした商品に万一、不良品がございましたら メールもしくは電話にて当店までご連絡願います。


プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 

お問い合わせ先

TEL/FAX:: 0738-20-2311
MAIL: info@yaoyasan.info

※日曜日はお休みをいただきます。