紀州田舎の小さな八百屋さん
RSS

 

温州みかんの1つ、早生みかんの食べ頃は

早生みかんはどのような育て方をしているのでしょうか。それには早生みかん自体が温州みかんの一種なので温州みかんの育て方を見ていけば分かることでしょう。
みかんは木からなります。となれば最初にやるべきことは植え付け…と思いがちですが、植え付けをする前にどこに植えつけるかを決める必要があります。というのもみかんは環境によってのその品質に影響が出てくる果物です、当然まずは充分に光を浴びれるように日当たりがよいこと、そして水はけがよいことが重要です。後はあまり風が吹き付けない場所に植えるのも大事です。

植えつける場所が決まったら、植えつけていきます。まずは土に50cm程度の深さがある穴を掘り、その後は土と肥料を混ぜて穴の深さの半分程度埋め戻します。その後は苗をえ付け、全ての土を埋め戻します。この植えつける際にはあまり深く植えずに浅く植えるのがポイントです。
その後は管理として水やりをします。ただしいつでも水をやるのではなく成熟期の場合にはやらずに土を乾燥させます。

肥料の年2回程度施肥をします。この施肥量みかんの木が大きく成長していくにつれて増やしていきます。また弱っている場合は液体肥料を使います。その後は不必要と思われる枝達を切り取っていき、木の形を整えて日の光があたるようにします。形が整っている数年経過している木は間引きを中心に行います。
最後は収穫です。温州みかんは幾つかの種類があるといえど、しっかりと色がオレンジの物になったら収穫するのは変わりません。特に早生みかんはしっかりと成熟させた方が質の良いものが出来上がります。

温州みかん

温州みかんから見る早生みかんと他の種類の品種

温州みかんは4つの種類に分けられます。
最初は極早生、9月か10月に出回るみかんで極という言葉がついている通り、まだ果実に青みがかかっており、そのお陰で甘さより酸味の方が強く甘酸っぱいのが特徴です。品種としては上野早生、宮本早生、岩崎早生等があります。
次に早生、10月から12月辺りで出回り、温州みかんの中では甘さと酸味のバランスがよい種類です。早生みかんの品種としては宮川早生と興津早生が有名であり、宮川早生は糖度が高く、興津早生は甘みが強いのが特徴です。他にも山下紅早生や小原紅早生といったのも存在します。

中生は11月の終わり辺りから12月に出回る種類で、酸味が少なくなり、甘みが強くなっているのが特徴で濃いオレンジ色をしています。日持ちはよいですが、あまりに成長すると逆に味が落ちてしまいます。品種としては向山温州、林温州といったものがあります。
晩生し晩というだけあって12月の終わりから3月辺りと最も遅く出荷される最後の温州みかんの種類です。有名な品種は青島温州であり、甘みが強いですがほどよい酸味も楽しめます。他にも十万温州や寿太郎温州といったのがあります。

そして最後はこれは種類と呼ぶには特殊なものですがハウスみかんがあります。温室栽培されるみかんであり、5月から9月に出回る種類であり、甘みが強くて食べやすいのが特徴です。ただし栽培が大変なので値段が張ります。こちらは品種等はなく、単純に産地名で出回っています。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

初心者にも簡単な早生みかんの植え方

ウンシュウミカン(学名Citrusunshiu)の中でも、早く収穫が出来る品種を早生みかんと呼びます。これは長年の品種改良によって作り出された品種です。早生みかんの特徴としては、早い段階で収穫するために果樹への負担が少なくなり、毎年にわたって実が豊富になるということが挙げられます。

また、収穫時期が早まるため初心者でも育てやすいという利点もあります。早生みかんの植え方は基本的にはウンシュウみかんと同じです。南国が特産のみかんですから、耐暑性は申し分ありません。耐寒性はレモンやポンカンよりは強いですが、極寒地での栽培は困難です。それでも、最近は温暖化の影響で、関東地方北部でも栽培が十分に可能になってきています。マイナス5度くらいまでは何とか耐えられますが、それ以下の気温になる場合は、室内で育てたほうが無難です。早生みかんを植えるときに特に大切なのは植える場所選びです。十分に日当たりがよい場所に植えます。

植え付けの時期は、3月から4月ごろが適しています。受粉樹は必要ありません。日当たりがよくないと、甘くて美味しいみかんに育つのが難しくなります。寒さ対策としても、日照は大切です。冬の時期には冷たい風があたらないようにする対策が必要です。

元肥として、果物用の肥料を与えます。さらに秋ごろに追肥をします。春から夏にかけての成長期には乾燥には注意して栽培してください。まだ若い苗木にとって一番大変なのは冬です。寒さが心配なら保温のために敷き藁をしたり、藁ごもで風除けを作ると効果的です。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

知ってると得する早生みかんを甘くする方法

最近では一年中食べれるとされているみかんは、ハウスみかんなどで年中食べれるフルーツです。
しかし、みかんの中でも、早生みかんなどや青いみかんや夏みかんは酸っぱいと感じてしまう事が多いですが、簡単な方法で酸っぱい早生みかんを甘くする方法があります。早生みかんを甘くする方法はとても簡単で、酸っぱいみかんを2つに割ってから電子レンジで30秒程加熱するのみです。

実験として、2つに割ったみかんを半分だけ電子レンジで加熱して食べ比べてみても、酸っぱかったみかんが電子レンジで加熱する事で甘味がでます。
甘くする方法で、なぜ酸っぱいみかんが甘くなるのかと言うと、みかんの味を決める大事な要素として糖度とクエン酸があり、クエン酸を減少させるにはみかんを傷つけたり振り回して運動させると酸が減少し、酸っぱい元となるクエン酸が少なくなり甘味だけが残るからです。

酸っぱいみかんを甘くする方法の実験では、電子レンジを利用してみかんに運動をさせ酸を減少させて甘さのみを出させている方法です。
結論として、単にみかんは糖度の甘さだけを求めていてはダメであり、糖度の甘さとクエン酸の酸っぱさがバランス良く蓄えられていないと良いみかんとは言えないようです。 自宅で簡単に出来る、早生みかんを甘くする方法は電子レンジのみでみかんを甘く出来る方法として、全般のみかんにも使える技なので、知っていると便利でいつでも美味しい甘いみかんが味わえます。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

早生みかんに含まれる栄養素は

早生みかんは温州みかんの種類の1つであり、温州みかんの中でも甘みと酸味のバランスが最も良い種類となっています。地域によっても変わってきますが、それでも美味しい仕上がりになっていること自体は変わりません。しかし美味しいのは分かったとして、もう1つ栄養の方が気になる方も多いと思われます。果物は体によいといわれている通り、この早生みかんにも人間の体によい栄養素を多く含んでいます。

ますビタミンCです。みかんはそのビタミンCが豊富に含まれており、2個食べれば一日のビタミンCを補充できるといわれています。みかんは風邪にもよいとされていますが、それはこのみかんに豊富に含まれるビタミンCが体の免疫力を上げてくれるからです。ただ、豊富にはといいましたが、みかんよりビタミンCが含まれている果物は多くあります。しかしみかんは他の果物と違ってビタミンCがなくなりにくくなっています。なので結果的にビタミンCを豊富に摂取できるということです。

そして更に温州みかんにはがんを抑制する成分がかなり豊富に含まれているとされています。なので毎日数個食べるだけでビタミンCだけでなく癌の予防もできます。後は食物繊維で腸内の環境を整えてくれたり、カリウムで血液の流れをよくして高血圧の防止をしてくれて、カルシウムで骨を丈夫にしてくれると、温州みかんは正に体によい健康的な食べ物といえるのです。

しかしもちろん食べすぎは逆効果になります。なので美味しくとも適度な量に抑えて、その栄養素を摂取しましょう。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

いい早生みかんの選び方とは

早生みかんは温州みかんの種類の1つであり、温州みかんの中でも甘みと酸味のバランスが最も良い種類となっています。
そんな早生みかん自体も早生みかんと一言でいっても、栽培される地域によってその品質は如何様にも変わっていき、人によって印象も変わってくることでしょう。
しかし、みかんも果物であり植物です。その一つ一つに違いがあります。そうなると出来れば美味しいものを選びたいところですが、美味しい早生みかんの選び方はどういうものなのでしょうか。

まずは形、みかんは球の形に近い方がいいものとされています、なので選ぶ際には球の形に近いものを選びましょう。次に色ですが、この色を確認する場所も決まっていて、最初に確認するのはヘタの周りの部分です。ここを見ればそのみかんの熟し具合が分かるといわれています。当然青みがあまりないものが良好であり、色の付き方にムラがあるものは避けましょう。そしてヘタは更に鮮度も示しており、ヘタが緑色の方が新鮮なものとされています。

次に大きさですが早生みかんは小さい方が美味しいといわれています。ただ、この小さい方は中々市場に出回ることは少ないです。なのでこの選び方はあまり重要視されるものではなく、あくまで小さいのがあったらそれは美味しいということを覚えておくだけでいいでしょう。そしてつやですが、実はつやがない方が美味しいのです。というのもつやは洗浄の関係でつくのでされで味が落ちてしまっているからです。つやがあるものはいい新鮮なものだと勘違いしてしまいがちですので気をつけましょう。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

普通のみかんと早生みかんのカロリー

早生みかんは 極早生、早生、中生、晩生の4種類ある温州みかんの種類の1つです。その中でも程好い酸味と甘みがあるバランスのよい風味があるのが早生みかんです。その食べ応えがあるのでついつい口に入れてしまうことでしょう。

しかし食べ過ぎ、もしくは甘い物の食べ過ぎは太るといわれている通り、人によってはそういったカロリーを気にしている方もいると思われます。果物類は果糖と呼ばれている糖分が入っているのでそれが甘さを引き出しているのですが、食べて太る原因となるのもそれが原因となっているのです。
では温州みかんのカロリーはどれくらいのものになっているのでしょうか。基本的にみかんという名称で名指しされるのは温州みかんなので、温州みかんがみかんのカロリーの代表ということになっています。
正解をいえばみかんのカロリーは45となっています。といってももちろん大きさによっても変わっていき、この45というのは100グラムでということであり、大きくなれば当然比例して多くなります。

では早生みかんはどうかというと実は普通のみかんよりカロリーが低くなっており、40となっています。なので単純計算でいえば普通のみかんより多く食べることができるみかんということにもなります。おまけにみかんにはビタミンCを初めとした体によい栄養素が含まれているので、多く食べれることはよりよいことになります。
しかしもちろん低くとも食べ過ぎは禁物です。量を適度に守って美味しくいただきましょう。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

早生みかんの効能について

早生みかんは、みかんシーズンの本格的な到来を告げてくれる、温州みかんの一種です。その名前の通り、みかんとしてはかなり早く、10月下旬頃から出まわります。極早生種や中生種とはまた違う、みかん色の果皮に包まれています。

品種も各種あり、甘く深い味わいの早生みかんがあります。どれも中のみかんふさは薄く、食べやすいみかんです。みかんは非常にビタミンCが多く、一日みかん3個程度で成人に一日必要量が摂取出来るため、野菜の少ない冬場には非常に手軽にビタミンが摂取出来る果物のひとつです。
また、カロチンやカリウム、ペクチンも多く、柑橘類の中では非常に食べやすいものですので、ビタミン不足に陥りがちな人にはビタミン摂取の効能として非常に高い効果が期待出来るのではないでしょうか。

また、捨ててしまいがちなみかんのふさ袋ですが、実は食物繊維が豊富に含まれています。女性が陥りがちな便秘性の解消に非常に効果があるのではないでしょうか。出来れば捨てずにすべて食べてしまいたいものです。また、皮の筋にはビタミンBやビタミンCが含まれています。そのうえ、みかんの皮は陳皮と呼ばれ、漢方として利用されているほどで、実ともども捨てる所がありません。漢方としての陳皮は、みかんの皮を干して刻んだものになります。市販品はワックスがけされているみかんが多いので、しっかりと洗ってワックスを取ってから作るようにしましょう。

風邪を引いた時、みかんを数個食べて休めば十分なビタミン摂取が期待できるので、風邪薬の美味しい補助として冬場に常備させておくのも良いのではないでしょうか。

ご注文はこちら

早生みかんの旬はいつでしょうか

早生みかんと呼ばれるものがあります。これはみかんの品種名ではなく、早生と言うタイミングに収穫されるものを意味しています。そのため、早生みかんの旬というのは、9月から11月頃のみかんを早生みかんと言います。

因みに、最近では一年を通してスーパーなどでみかんを見かけますが、大半のみかんはハウスみかんであり、温室などを利用して一年中収穫が可能となっているのです。

但し、ハウスミカンの旬は5月〜9月頃、普通のみかんの旬は12月から3月頃となります。

早生みかんの中でも、極早生と呼ばれる物は、通常の早生みかんよりも早い時期が旬になり、9月〜10月頃が旬を迎えます。

ところで、早生みかんというのは、比較的若いミカンを意味しているわけですが、これは通常のみかんよりも熟されている度合いが少ないものといえます。
みかんには、ヘスペリジンと呼ばれる栄養素が含まれているのですが、ヘスペリジンというのは若いみかんほど多く含まれており、甘く熟されると同時にその量は少なくなると言います。

ヘスペリジンと呼ばれる栄養素は、血中コレステロール値の改善、毛細血管の強化、ガンの抑制作用などがあると言われています。また、ヘスペリジンは、ミカンのスジでもある中果皮部分に多く含まれているのです。このスジを綺麗に、丁寧に取り去り食べる人もいますが、これは綺麗に取らずにそのまま口の中に入れてあげることで、みかんのヘスペリジンの効果を期待する事が出来るのです。

極早生みかん

温州みかん

ハウスみかん

温州みかんの1つ、早生みかんの食べ頃は

早生みかんは温州みかんの種類の1つです。温州みかんにも種類があって更に地域や環境によってその品質は如何様にも変わってきます。よく地名の名前がついてみかんを見かけることが多いですが、あれも温州みかんです。温州みかんは直接その名称で売るのではなく、地域のブランド名をつけて売るのが一般的な常識となっています。ちなみに早生みかんで検索するとその読み方で困っている人が多いようですが「わせみかん」と読みます。

さて温州みかんの種類といいましたが、温州みかんは極早生、早生、中生、晩生の4種類が存在し、そのどれもの品質が異なってきます。

その中で早生みかんは甘みと程好い酸味があり、そしてみかんの品種としては皮が柔らかいのが特徴の温州みかんで、宮川早生と興津早生が有名な早生みかんとなっています。宮川早生の方は糖度が高く味わい深いのが特徴であり、興津早生は宮川のものより色が付くのが早く、甘みが強いのが特徴となっています。この2つ以外にも山下紅早生と小原紅早生といった種類のものも存在します。

市場に出回る時期としては品種によっても多少異なってきますが、基本的に10月から12月辺りと気温が低くなっている頃となっており、その頃が食べ頃となっています。ただ他の種類の温州みかんと比べると単価が高いということがあり、そのこともあって産地によって中生に切り替えるところもあります。それと11月頃には中生の方も出回ってくるので、間違えないようにご注意下さい。

温州みかん

お支払方法について

代金引換 銀行振込 郵便振替 コンビニ クレジットカード決済を用意してございます。
ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

決済方法

配送について

送料無料の商品がほとんどですが、
一部送料別の商品がございます。

※送料無料でも北海道・沖縄のみ500円追加となります。
クール代便は200円追加となります。
ご利用案内をご確認ください。

※のし・包装も無料にて承ります。
訳あり・ご家庭用はのし対象外です。
宅配便

【業者】ヤマト運輸・ゆうパック

【商品発送のタイミング】
予約注文以外で在庫のある商品の場合は、注文日より3営業日以内に発送いたします。

【配送希望時間帯をご指定出来ます】
配送希望時間

※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

商品代金以外の料金

郵便振替・銀行振込・コンビニ支払いは前払いとなります。振込手数料・代引き手数料(324円)・コンビニ手数料(324円)はお客様負担でお願いします。
返品・交換について

お客様のご都合による交換、返品は 商品の性質上、原則としてお受けいたしかねます。
お届けした商品に万一、不良品がございましたら メールもしくは電話にて当店までご連絡願います。


プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 

お問い合わせ先

TEL/FAX:: 0738-20-2311
MAIL: info@yaoyasan.info

※日曜日はお休みをいただきます。

ページトップへ